入れ食いを経験したことありますか?

ビギナーズラックは、あっても次の釣果が良くないことは良くあることです。

↓↓写真の釣果は、海上釣堀歴2回の女性が一人で釣りました。↓↓

彼女は、ある法則を守ってくれました。いや、仕事が丁寧なんでしょうか?全て釣りにおいて無駄のない動きを実践することができました。
多くの釣り人が誰よりも釣りたい!と思っているはずですが、細かいテクニックや丸秘エサなんて情報に踊らされていませんか?

それも大切かもしれませんが、彼女は「法則通り釣りをしました。」
満足な釣果ではないでしょうか?

海上釣堀の4つの法則

使う道具は1種類にするべし

海上釣堀の朝一は何が来るかわかりません。
同時に、どんなえさでも釣れる。どんな仕掛けでも、棚まで餌が行けば釣れます。

「短めの強い竿で、青物に負けない仕掛けで釣りをスタートしよう」

朝一番の釣堀は、魚の活性が一番上がっている状態。
イコールあとの2、3時間までは持続しない!
ということになります。

スレタ魚は釣れない。後半は、放流された魚を狙うべし!
海上釣堀の魚は、釣れ上がる前にエサを吐き出します。
これが、撒きえになり次の魚を誘き寄せてくれる効果もあります
はじめよければ、すべて良し!ですな。

海上釣堀は「バラシ禁物!!」

まず、竿を折った場所。数回バラシがあった場所では、数が出ていません!!
どこの釣堀でもこの実績はかわりません。

なぜ?「バラシてしまうのか」

  • 仕掛けが細い!またはバランスが悪い。
  • ハリスと針が結べていない。
  • 道糸が竿に絡んだまま、釣りをしている。
  • 竿を傷つけいる。
  • 竿が完全に伸されている。

釣りを始める前にこの上記はシッカリと確認しましょう!

釣堀特有ですが、隣近所(角のまわり)と協力してもらわないと出来ません。
自分だけ釣れればいいんだと長い間竿を出していると、いい釣果は望めません。

大物がかかったら、周りの人は、早く仕掛けを回収しましょう。

「ガンバレー!でも焦るなよー。みんなが君のかっこいい姿をみてるでー」と応援しましょう
心の中では・・・「おまえがばらしたら自分が釣れなくなるんだぞー」とつぶやいてみましょう。

餌のローテーション

コーン、ササミ、イカ、サンマ切身などを奇襲作戦として用意しておきましょう。
一般的な海上釣堀のエサは、「オキアミ」「ダンゴ」「ミック」「生きエビ」ですが、上のえさでもいい釣果が望めるでしょう。

魚の目先を変えてやることが、いいようです。
魚は、目の前に変わったものがあると近づいてきます。さらに、いいにおいがすれば、食らいつきます。
狭いイケスのなかで、ほかのエサよりも目立とうとする行為は、爆釣します。

他人より手数が多い。これがキモですね(^^)

エサについては、海上釣堀のエサも参考にしてください。

仕掛けを入れたら竿から手を離さない

釣れない時間帯。どうしてもでてきます。
そのときに、いつもの釣りのように竿を置いて作業をすると、大変なことに!
竿がイケスに飲まれて、イケス中を竿がぐるぐる回ります。

結果、魚に警戒心を持たれてしまい、その日の爆釣はなくなります。

1竿 入魂!!これで、きまり!!

最後に・・・

この4つをベースに、いろんなテクニックを駆使してみてください。これが、できない人は次へのステップをしても多分 続くことができません。なぜなら・・・バラス、散らすといったマイナス要因が増えるからです。

釣りは快適で楽しく釣れることが最大の喜びです。他人に迷惑を掛けないように釣りしたいものですね。



海上釣堀の釣りスタイル

自然を相手に釣りをするのが、普通のスタイル。
これをアミューズメント的に考えられたのが、海上釣堀

普段、釣りをしている人もはじめて釣りをする人もこの海上釣堀で魚を釣るとはまる。
特に、初めての人は必ずハマル。なぜか?

魚は、魚屋さんかスーパーでしか見たことのないひと(もしかすると切り身しか見たことのないような人)が実際に魚の引きを感じるとびっくりするからです。

大きな魚は重いのは当たり前!しかし、実際に釣ると分かるこの感覚!ハマリますよね。
もうヒトツ大きな要因は、気軽に行けること。
自然の海に大物を釣りに行く場合は、自分である程度それなければ釣りができない。

釣堀は、遊園地にでも行く感覚でいけば、ほとんどそこに揃っているので気軽ですね。

海上釣堀の釣りは・・・
大物を釣り上げることができる!気軽に行ける食べておいしい魚を捌いてくれる 釣って、楽しんで、食卓も潤うそんな釣りが海上釣堀スタイルです。

オススメ DVD 


ページのトップへ戻る