海上釣堀の大物魚(ブリ、カンパチ、ヒラマサ)

海上釣堀で釣れる魚といえば、マダイ、イサギ、シマアジ、カンパチ、ブリ、ヒラマサ・・・と幅広い。このなかで大物として君臨する3大ターゲットが ブリ、カンパチ、ヒラマサです。これらの魚を知ってから、手玉に取る方法を伝授します。

ブリ

出世魚として、大きくなるブリ。小さい方から関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと成長します。80cmを超えるサイズで10kgオーバとなります。 脂の乗ったブリ照りは最高ですよね。釣堀で釣れたブリはブリシャブで贅沢にいただきたい。

下のヒラマサとよく似ている魚です。見分け方は、口に縁が「角い」方が、ブリ。分類もスズキ目アジ科の魚であり、一諸。味は多大いに違います。

ヒラマサ

”荒磯の弾丸ライナー”や”磯のスプリンター”などと言われる魚。強い力を持ったこのヒラマサは、ブリよりも強い。最後の最後まで突っ込みを見せるので気を緩めることができない。 味は、最高!。刺身で食べていい。ブリの刺身が一日経つと黒くなるのに対し、ヒラマサは3日は変色しない。身の硬い刺身が苦手な方は、一日寝かしたあとがいい。

上のブリと姿がよく似ている魚。見分け方は、口のふちが「丸い」方が、ヒラマサ。この見分け方を知っているとヒラマサを逃さないでしょう!

カンパチ

ブリ属の中で一番大きくなる魚。大きいものでは2メートルになることもある。ヒラマサとならんで、ファイターなので格闘すること必死。 ヒラマサやブリと同じ分類の魚ですが、一度カンパチを見ると見分けるのは簡単。体腔も丸くなっているし、目を通る斜走線があり、正面からみると八の字に見えるから、目と目の「間」の「八」 で間八(かんぱち)といわれることもある。

味もヒラマサに次ぐ美味しさで重宝される。磯ではあまり釣れない魚なので釣堀行ったら釣って帰りたい魚であります。身が分厚いのでいい刺身がとれるんですよね

海上釣堀でのタナ設定

「タナ」とは、魚がエサを食べる深さのことです。
この「タナ」にウキ下を合わせてやることが、重要となります。

魚の種類によってこのタナが異なることも有名です。(常識です)では、鯛のタナがいくら?カンパチは?シマアジは? これが分かれば、一発目から喰ってきます。

魚たちは、前日の夜から何も食べていないので、オキアミのような旨そうなエサでなくても、落ちてきたものに反応するようになっています。 そら、アタリがでるでしょう!
さぁ、タナですが、一般的な釣りの時もこれが分かるまでに時間を要しますよね。釣堀でも一緒です。シッカリとタナ取りをしてやらないと、「底の網を釣る」 なんてこともあります。

タナはシッカリとりましょう!目安が判らないなら釣堀に聞くべし!

手っ取り速いのが、釣堀の人にきいたらいいんです。というより「家島」では教えてくれます。 「鯛は8ヒロから、青物は4から6ヒロです」みたいな感じです。

グレやイサギといった小型魚の場合、タナ取りが結構シビアに出てきます。
カンパチやヒラマサ、ブリなどは、アジを飲み込んで捕食しますので、この程度のタナのズレはたいしたことではありません。
一方、小型魚は警戒心がイケスのながでは強くなかなかエサを拾いません。
実際、網のスミの方で固まっている姿を目撃したこともあります。

一ヒロのづれは大きいと思いますが、20cmくらいは大丈夫だと思います。 シッカリとどのタナが釣れているか把握しましょう!

魚がスレだしたら、この辺はシビアになって来ます。 スレるまでに入食いにしてしまえばいいんですが(笑)

大型魚のバラシの効果

青物系は絶対にバラサナイ!

青物のバラシの影響は結構響きます。その後のアタリがない!なんてことも考えられますので、気をつけましょう。 でも、次の放流で話された魚は元気に捕食しますから、それまでの辛抱ということですね。

バラさないことが一番なのでここで必勝マニュアルを公開します

ブリ、カンパチ、ヒラマサをバラさない必勝マニュアル

その1 針とハリスはシッカリと結ぶ。

針やハリスの個々の強度が強くても高い確率で切れるのが接続部分。湿らした状態で締めないハリスはかなり弱い。シッカリと結びましょう

その2 ワンランク上の仕掛けで挑む

釣り上げたことがない人や自信のない人はワンランク上の仕掛けで挑んだほうがいい。 いつも釣っている人ならいいが、ここは釣堀。一気にブリ上げてくるくらいの気持ちで仕掛けを作らないと飛ばされます。 自信がなければ(ブリ揚げる)ワンランク上の仕掛けで挑むこと。

その3 他の人が青物かけたら仕掛けを上げる

仕掛けが絡んでしまった後のことを考えると、絶対に上げること!! 自分の釣果を上げるためにも、上げてください。 そして、その人が無事にさかなえをタモに入れるまで応援しましょう! やり取りをしている間は、掛かってもいいことないですから!

(注意)現在、追い食い釣法が存在しますので、絶対ではなくなりました

その4 やりとりは慎重に!

重要なのは、「竿の角度」です。この竿の角度を十分に取れていると、魚は浮いてきます。

素人の方は、リールを巻きたくなるのかリールを巻こうと手元に神経が集中して、竿がどんどん下がってしまうことがあります。

魚と道糸が真っ直ぐになった状態が仕掛けの力一番弱い!
この竿の弾力を一番発揮できるのが、45度以上。 といっても分からないので、分かりやすくいうと、

竿尻(手で持っているほうの端)が魚に向くように構える。

こうすることが出来れば、十分にタメが出来ています。このタメが十分な状態でやり取りをしましょう。

ポンピングもやめましょう!高確率でバレル可能性大

その5 ドラグの調整をしましょう。

普段大物つりをしている人には常識的なことですが、リールには「ドラグ」というものがあります。リールが逆回転するんですね。 ある程度抵抗をもったまま。 ある程度の抵抗というのがドラグの調整なんです。

セットする段階で、道糸を引っ張って(自分の出せる最高の力で)糸が出るように しておけば問題ないと思います。

この5つができていれば、仕掛けに傷さえない状態なら、絶対に取れる。 太鼓判です。



海上釣堀の釣りスタイル

自然を相手に釣りをするのが、普通のスタイル。
これをアミューズメント的に考えられたのが、海上釣堀

普段、釣りをしている人もはじめて釣りをする人もこの海上釣堀で魚を釣るとはまる。
特に、初めての人は必ずハマル。なぜか?

魚は、魚屋さんかスーパーでしか見たことのないひと(もしかすると切り身しか見たことのないような人)が実際に魚の引きを感じるとびっくりするからです。

大きな魚は重いのは当たり前!しかし、実際に釣ると分かるこの感覚!ハマリますよね。
もうヒトツ大きな要因は、気軽に行けること。
自然の海に大物を釣りに行く場合は、自分である程度それなければ釣りができない。

釣堀は、遊園地にでも行く感覚でいけば、ほとんどそこに揃っているので気軽ですね。

海上釣堀の釣りは・・・
大物を釣り上げることができる!気軽に行ける食べておいしい魚を捌いてくれる 釣って、楽しんで、食卓も潤うそんな釣りが海上釣堀スタイルです。

オススメ DVD 


ページのトップへ戻る