大事なことは逃がさないための仕掛け

海上釣堀で使用する仕掛けは、どうしますか?
よくある質問です。

そんな大仕掛けでなくても釣れます。
「太仕掛け(ふとしかけ)」ではなく「大仕掛け(おおしかけ)」です。要注意を!!

どんなに太いハリスを使っても、きちんと仕掛けを作ることができなければ、釣り上げることができません。
前述の太仕掛けですが、竿や腕によって太いといわれる仕掛けは必要になります。しかし、ジギングなどで使うような大きな仕掛けはいりません! むしろ、じゃまです。

私が、オススメしている海上釣堀の仕掛けは、3号の磯竿(5m)で4号の道糸に8号のハリスまで。
竿捌きが上手な方であれば、4号でOKです。

これには、大前提があります。仕掛けを作る時の最大の盲点(釣りが上手い人とそうでない人の差がここにあります。)

ハリスの力を最大限に

釣堀で貸し出ししている仕掛けの弱いところがハリス

ここを補強することが爆釣への第一歩。

シッカリと「ハリ」と「ハリス」を結ぶこと。

ハリスとハリの結び方をシッカリと学ぶこと。
結び方はここを参考にするといい

いろんな結び方はありますが、基本を押さえましょう。
ハリスを少し湿らして絞めること。

プライヤで針を持ち、ハリスをシッカリと引っ張っても抜けなければ、大丈夫。
これで、ハリスが抜けてしまうようだと、バラシの原因に。
また、人間の力で引っ張ったくらいで切れるようなハリスでは使えない。
ハリスの交換が必要。
試しに、ハリスを湿らせないで絞めて引っ張って見てください。弱いハリスが分かると思います。

仕掛けはバランスが命

いくら強い仕掛けを作ってもバランスが悪かったら釣れません。特に釣堀の場合、小さなイケスで釣りますから短い竿でパワーのある仕掛けを 求めます。このバランスは通常の防波堤釣りからは想像が付かないものだと思います。

一番いいのは、貸し竿。でも竿持ってるのに、借りるのはチョット・・・ってかたには、釣堀のオーナに訪ねてみるのがいいんではないでしょうか? 釣堀を予約する際に、その辺の情報を入れておくといいと思います。しかし、道具の結び方までは教えてくれませんのでその辺はシッカリと勉強しておきましょう!

バランスのよい道具だて

  • 竿 3から4号磯竿
  • 道糸 4号から6号
  • ハリス 4号から10号
  • 針 真鯛針10号から12号
ハリスが太くなると、針も大きくします。そうでないと、針との結束が上手くいきません。
針の大きさは、狙う魚の大きさで選びます。ということは、針の大きさでハリスを変更します。
魚の食いが悪いから、ハリスを落とす・・・これは、間違いです。
釣り物道糸ウキハリス鉛の位置
真鯛4号0.8~3号3~7号1mグレ10~13号針上0.3~0.5m
青物6~8号5~8号5~7号グレ10~18号3mmクッション付き
さぐり釣りPE5号先糸5号1Mハリス3~5号1m小さめ針上15~50cmに0.5~3号

海上釣堀の釣り方

海上釣堀では、比較的重たいオモリでタナまでビューンと落とし、ハリスの部分で釣りをすることが普通だ。しかし、これでは餌をとらない釣堀の魚! 普段食べていえる餌に反応する魚たち、”見た目”と”嗅覚”と”触感”で認識するようだ。

意外に感覚の鋭い魚たち。腐ったものは絶対に喰わない!
釣堀の魚は、餌から2M3M離れていても一応近づいてみて、食べられるか、危険は無いか伺い、次は口先で突ついたり咥えたりする。このときはとっさに吐き出す準備をしており 大丈夫か思案している。ハリスやウキの抵抗など違和感があればき出す。ただし、そのまま眺めていることが多く、気が変わったり、誘いに吊られたりし又食いつく。

また、学習能力も備えているようだ。ハリスや餌をある程度認識でき、一度怖い目にあうと用心深くなる。さらにバラスと急に警戒し始め、釣れなくなる。でも他の魚が食べ始める

釣堀での最強釣り方法

  • ウキは感度のよいものを先だけが出るよう浮力調整する。
  • ウキがスムーズに動くか、ハリスが絡まず沈むか確認する。
  • 鉛の位置は二号までならサルカンの際とハリスに分配して打つ。
  • 光板、集魚板、クッション等使わずシンプルにする。


海上釣堀の釣りスタイル

自然を相手に釣りをするのが、普通のスタイル。
これをアミューズメント的に考えられたのが、海上釣堀

普段、釣りをしている人もはじめて釣りをする人もこの海上釣堀で魚を釣るとはまる。
特に、初めての人は必ずハマル。なぜか?

魚は、魚屋さんかスーパーでしか見たことのないひと(もしかすると切り身しか見たことのないような人)が実際に魚の引きを感じるとびっくりするからです。

大きな魚は重いのは当たり前!しかし、実際に釣ると分かるこの感覚!ハマリますよね。
もうヒトツ大きな要因は、気軽に行けること。
自然の海に大物を釣りに行く場合は、自分である程度それなければ釣りができない。

釣堀は、遊園地にでも行く感覚でいけば、ほとんどそこに揃っているので気軽ですね。

海上釣堀の釣りは・・・
大物を釣り上げることができる!気軽に行ける食べておいしい魚を捌いてくれる 釣って、楽しんで、食卓も潤うそんな釣りが海上釣堀スタイルです。